じーらぼ!言戯道場 (G-LABO Gengi-DOJO) 管理人:みやもと春九堂(しゅんきゅうどう)

<<前の記事 | 次の記事>>
ヒトコトなつぶやき 方舟について物思う。
まずはコチラの記事をご一読ください。多分なんのこっちゃわからんという人が大半だと思いますが、プロレスリングNOAHとは、全日本プロレス四天王全盛時代のエーズ・三沢光晴さんが、ジャイアント馬場さん亡き後の全日本プロレスから新しいプロレスを求めて旗揚げした団体です。

しかし社長でありエースでもあった三沢さんは2009年6月13日、広島大会でアクシデントによる事故で亡くなってしまいました。いや、これも試合中のアクシデントというよりは、これまでの激闘累積した負傷がその瞬間に遂にトリガーが引かれてしまったというような出来事でした。

その後のプロレスリングNOAHは、大きく揺らぎます。新体制までのゴタゴタ、続いて精神的支柱でもあり絶対王者でもあった小橋建太さんの引退、選手達の相次ぐ離脱という、もう方舟どころか泥船状態になってしまい、ファンも多く失いました。

残された選手達は新体制を作り上げ、新しい選手を獲得するなど奔走しましたが、「三沢ショック・小橋ショック」を引きずった「悲愴感プロレス」には熱狂が生まれにくく、またリング外のゴタゴタがあったりもして、暗いムードが漂っていました。


しかしそこで一つの大きな転機が訪れます。元新日本プロレス→元パンクラス→パンクラスMISSIONという経歴を経て来たベテランレスラー・鈴木みのるが、当時新日本プロレスのリングで猛威を振るっていたのですが、それがある日突然「方舟のお宝を頂戴します」と宣戦布告。NOAHへの乗り込みを始めたのです。

多少の血は混ざっていても、元をたどれば「全日本系」のNOAHに、元をたどれば「新日本系」の鈴木軍が乗り込んでくる――これは大きな対抗戦になると、興奮したものです。が、結果としては鈴木軍の連戦連勝。ベルトを奪われ、「お宝頂戴したんでハイサヨウナラ」ではなく「王様ゲームのはじまりだ」とさらに侵略の度合いを深めました。


まぁここまではいい。ここまではいいのですが、最近のNOAHからは全く緊張感が感じられないのです。そしてなによりも選手にも正直覇気が足りていない。「プロレスは試合内容で勝負」という時代はとっくの昔に終わっています。ソープオペラとまではいきませんが、刺激や背後にあるドラマがあってこそ、観客は感情移入できるのです。

ところが、今のNOAHにはそれがない。ファンとしても、三沢さんの逝去から続いていた「悲愴感プロレス」という雰囲気を受け容れられず、鈴木軍侵略でさらに拍車がかかった「悲愴感プロレス」に厭気がさしたところもあったと思う。しかも丸藤勝利でもハッピーエンドにはならず、かといって鈴木軍も去らず、中途半端な状態です。

しかも杉浦が裏切ってベルト奪取。Uターン組の金丸がベルト奪取。タッグはおいとくとして、この2つが結局「NOAH(旧全日本)組」に来たところで完全に対抗戦的な火は消えてしまいました。そもそもが「新日本上がりのユニットが抗争を仕掛けてきた」のだからヒートしたのに、元内輪の人間が王者じゃ宙ぶらりんなわけです。

それに鈴木軍にしても当初の「お宝を頂戴します」というわりには、GHCを総取りしても、防衛を重ねてもどうということはありませんでした。僕が期待したのは団体名や団体ロゴすら変えてしまうほどの完全支配。そこまでの劇薬が必要だったと思うのです。

ところがそうはならなかった。王者・杉浦 vs 挑戦者・潮崎。この組み合わせは2011年7月11日の有明コロシアム大会のメインの焼き直しです。加わった要素は「団体内抗争で裏切った杉浦」と「団体を裏切って出ていった出戻りの潮崎」。なんの思い入れもドラマもない再戦に何を盛り上がればいいのかわかりません。ブレ過ぎもいいところです。

「試合内容で勝負」と言い続けてもファンは離れていきました。なんらかの刺激や劇薬といった「熱」がなければ盛り上がれない。ファンは貪欲なものです。四天王対決も丸KEN対決も刺激的に熱く練られていったからこその芸術作品でした。今回の杉浦 vs 潮崎が練られているかといえばNOでです。

鈴木軍のボスである鈴木みのるが王者であったからこその「王様ゲーム」と「完全支配」だったのに、杉浦を裏切らせたところでどうということはないのです。「鈴木軍の代表ではない杉浦」と「ノアの代表ではない潮崎」のタイトルマッチ。どこに注目すればいいのか全くわからないカードです。

一方で「元馬場全日本組」の秋山全日本は、諏訪魔負傷による戦線離脱や選手の離脱などの大ピンチになった今年、大日本やK-DOJO・DDT・にも広く門戸を開き、その結果としてチャンピオンカーニバルや三冠戦は非常に刺激的で大きく盛り上りました。

ノアはどうでるか。試合内容は当然ですが、「その後」に大きく期待できるものがなければ、方舟はファンにも海賊船にも見捨てられて沈没するしかないと思います。

プロレスブーム再来などと云われていますが、新日本一強+大日本・ドラゴンゲート・DDTといったオルタナティブ団体が盛り上がっている、という構図だけでは限界が来るのも早いと思います。

僕はかなり拗らせたプヲタ(色々拗らせてしまったプロレスファン)ですが、プロレスというジャンルをになってきた団体が落ち込んでしまうのは見たくありません。28日の大阪大会は生放送で観戦になりますが、色々な意味で期待したいと思います。


プロレスファン以外には全然伝わらない様な話ですみませんでした。


[2016 年 05 月 27 日- 14 : 02 ]