じーらぼ!言戯道場 (G-LABO Gengi-DOJO) 管理人:みやもと春九堂(しゅんきゅうどう)

【 2017年03月23日-00:53 のつぶやき】

シン・ウォシュレット


突然ですが、先日、我が家のウォシュレットさんが静かに他界されました。

死因は母上による掃除の副作用です。「掃除ボタン押してノズル出そうとしたら出てこなかったから引っ張ったのよね。そしたらなにか切れたみたい」とは母上の弁。他殺の疑いがかなり濃厚ではありますが、かれこれ十数年以上酷使してきたウォシュレットですので、そういうこともあろうかというところです。

しかし、ここからが問題でした。当然新しい温水洗浄便座を購入しようという話になったわけですが「必要最低限の性能があればいい。ドア開けたら蓋が上がる機能とかはいらない」という方向にまずは決定。

そして「ビッグベン後に肛門が洗浄されない、という最早文明の喪失と云っても過言ではない事態に、早急に対応しなければならない!」という僕の発言が議会で承認された為、即時、温水洗浄便座対策委員会を開設略称:便対委、所属:僕一人)、問題解決への活動が始まりました。


そんなわけで便対委として、まずは各メーカーの「最低限度の性能かつ最新モデルかつ僕のような巨デブが座っても大丈夫そうなサイズ」という条件のものを色々調べ始めたわけですが「とにかく安いものを」ということで探したものの、まぁ迷う迷う。種類多すぎです。種類が多いということは需要があるというわけで「世の中こんなにも色々な方法で肛門を洗浄したい人達がいるのか!」という、かなりどうでもいいことに気づいたりしました。

結局、パナソニック製の温水洗浄便座に決めたのですが、ネットでの価格と電器店での店頭価格が1万くらい違うんですよね。どういうこっちゃと思いつつ調べたところ、売るだけではなく設置料なども含まれている模様。なるほど。しかもさらに詳しく調べると「元から設置してある温水洗浄便座を外す工賃」と「新しく温水洗浄便座を設置する工賃」が分かれている模様。なるほどなるほど。

つまりDIY(DIY?)できればネットで買った方がどえらく安く済むというわけです。しかし水回りのことですから、そこはやはりプロにやってもらいたい。それも一日でも早く。というわけで店頭販売で購入する方向で、限りなく安い店を探すことになったわけであります。

早速、便対委として生活圏内の各電器店に電話をしまくり、一番安い店を発見し、議会に具申するも「いやー家電はいつも○○で買っているからなぁ」という悪しき癒着が原因で却下(そんな大げさな話ではない)。しかし、工賃込みの最低ラインが明らかになったということで、その価格で交渉してみようということになり、無事に文明の喪失期間は3日間だけで済んだ次第です。ビバ文明です。


しかしアレですよ奥さん。十年一昔とはよく云ったもので、温水洗浄便座も随分様変わりしたものです。機能は最低限なんですが、それでも色々な調整ができるわけでして、精度も威力も結構なものです。日本人の肛門に対する飽くなき探究心は、最低限度の性能であっても、ここまで到達したのかと感慨深くなってしまいます。

ですが、無事設置が完了したことで解散した便対委(僕一人)と議会(主に母上)の間で意見の衝突が発生。便座の温度管理及び、洗浄の水勢・温度について、意見が割れてしまいました。

「穏やかかつ柔らかに洗いたいハト派」と「肛門が熱く滾るほどに洗われたいタカ派」です。当然後者が僕。首長である親父殿は「使うときにそれぞれ自分で設定したらいいではないか」という至極真っ当な意見を出しましたがスルーです。絶対に負けられない戦いがここにあるわけです(侍JAPAN、おつかれさまでした)

ですが、居候の意見など通らないのが世の常識なわけでして、熱弁で主張したものの(便のことだけにってやかましいわ)、水勢・水温・便座温度も全て穏やかなものを基本設定とするということで議決されてしまいました。


まぁ一番の理由は母上の
「あんな強い勢いでお湯かけられたらお尻壊れちゃう!」
という衝撃的な発言によるものなんですけどね。

(いや実の母親の口から、そんなとくしゅなエロスみたいなこと云われたら
「わかりました」と頷くしかないですよ……。)



その他の記事
おそ松さん、パチンコになるってよ。
この記事の直前の記事です。
../2016/201612040218.html
Tシャツはじめてました。
この記事の直後の記事です。
../2017/201704260029.html