【過去のつぶやき】

クリックするとトップへ戻ります


2004年
01月 02月 03月 04月
05月 06月    
2004年06月01日-13:07
『ベスト・オブ・練り梅。』
梅が好きです。

というわけで、何の気なしにリニューアルしてみました。といっても、トップページだけなんですけどね。もうちょっとしたら、結構大きく変わるかも知れません。特に過去ログとか。


おっと、初っぱなから本題からズレていますが、閑話休題。本題に戻して、リクエストも多かったので、ずばずば書いていきますね。

なんの事かといいますと、話は数ヶ月前に遡って、何社かの練り梅(梅干しの梅肉をペースト状にしたもの)を取り寄せて、実際に、僕が頻繁に作る料理に使ってみて、どれが一番よいかという、そういうのを報告するという記事を書いた時の結果、というわけですね。


で、結果から先に。一番使い勝手が好かったのは、カネク株式会社さんの、No.2700 ねりうめ 360g(チューブ入)703円でした。

大きさは、カゴメトマトケチャップのレギュラーサイズと同じくらいのチューブです。使い勝手も、まんまケチャップ。正直何度か間違えました。あと詰替用に No.2588 練り梅 チューブ入 250g 514円もオススメです。


ドコがいいかっていうと、やっぱチューブである利便性。そして、当たり前ですが味。

やや塩気が強く、梅の風味をつけるというよりは、梅干しの塩味、という感じになります。塩気は少なく風味だけで楽しみたいという使い方の人には向かないかも。そういう人は梅一番さんの、梅肉シリーズが好いかもです。

僕の場合は、なにかのソースにしてみたり、うどんにいれたりという使い方なので、塩気があった方が楽なのでイチオシ。ヒットメニューは、梅きゅう、うどん、茶漬け、おにぎり、混ぜ御飯など。水分に溶く、合わせる、といった食べ方がメインですな。

ちなみに入手方法ですが、取り扱い店で購入するか、業務部さんに問い合わせて、個人購入するかです。僕は後者の方でした。メールでのオーダーになったのですが、非常に丁寧&親切に応対してくれました。

実際の購入方法は

>当社よりお送りする場合は、ヤマト運輸のコレクト便
>(着払い)になります。
>送料+荷造り手数料として、1,050円(税込み)
>申し受けます。
>例としてNo.2511 練り梅(純) 300gを1個お求めの場合、
>588円+1,050円=1,638円になります。

という感じになるそうです。

送料を考えるとあまりお得ではないかもしれませんが、日持ちする食材ですので、適当にいくつかいっぺんに買い込むのが好いかと思います。僕はそうしていますしね。


で、料理の調味料として使ったりする場合には、梅の風味も塩気の薄いのも、あまり向かないということ。そしてパッケージの問題からも「使いにくい」というところで、梅一番さんのは、残念ながら、僕にはあまり向きませんでした。


とまぁこんな感じですね。練り梅は、塩気も強く、梅自体に酸があるので悪くなりにくいとはいうものの、ソースなんかに混ぜ合わせる時には、スプーンをイチイチ変えなくてはなりません。他のモノが入ると悪くなりやすいしね。

で、そういうのが面倒くさいという僕みたいな「やっつけ料理」をする人には、そういう面でもカネクさんのチューブ入りはナイスだった、という感じです。コストパフォーマンスもなかなかいいですしね。


というわけで、以上、マイ・ベスト練り梅の発表でした。

ちなみに、もう一社のモノも購入して試食したのですが、致命的に「まずい」「甘い練り梅だった」という最低な評価でした。これは好みの問題ですし、味の方向性も違いますから「別物」と考えて、敢えて社名などは書きません。悪しからず御了承下さい。


で、オマケとして、ちょっとしたレシピを。例によってうどんです。

・大鍋に沢山のお湯を沸かす。
・沸かしている間にソースを作る。
・キュウリも細切りにする。
・そうこうしているとお湯が沸く。
・乾麺でも生麺でもよいので、うどんをゆでる。
・ソースは、練り梅をベースに、味噌、お酢、醤油、白出汁、日本酒、砂糖少々。味見しながら作る。量は適当。
・うどんがゆであがる前に、豆腐(絹ごし)をつぶす。ホイッパーなどで砕くと好いよ。水はあまり切ったりしない。
・紫蘇を切る。大きさは適当。まぁ薬味切りってことで。
・ワケギはお好み。いれてもいれなくても。
・ゆであがったうどんを流水でよく洗い、冷やす。
・ドンブリに、うどん→かつおぶし→きゅうり→潰した豆腐→ソース→紫蘇の順で盛りつけ。
・お好みで、煎り胡麻・ワケギ・おろしショウガ・海苔など。冷や奴の薬味と相性がよい。
・これらをとにかくぐちゃぐちゃに混ぜてすする。
・美味い。


完成図






名前は特にないのですが、たまたま山田うどんで食べた、豆腐サラダうどんが美味しかったので、それに影響されて作った感じです。ソースは化学調味料をなるべく徹底して避けて、なおかつ山田うどんの味に近づけるべく努力した結果です。

うどんには、冷や奴に使う薬味や調味料も具合がいいようです。汁なしうどんですが、実に涼しく、お豆腐で、栄養もたっぷりの逸品ですので、夏バテ前に、是非どうぞ。豆腐とうどんがこんなに相性いいとは、ちょっとした驚きですよ。





例によって、今日の記事で口にツバ沸いた人
うどん食べたくなった人は、負け組です。

(やーいやーい。って本人もダラダラのぐーぐーです)
2004年06月02日-21:52
『あらためて紹介します。』


はい、どーも。こんにちはぱも。
自己紹介したいんですけど、名前が、まだないんですぱも。
というか名前は半分きまっていたんだけど、
オトナの事情で、名無しになっちゃったぱも。
結構真剣に、お名前募集中ですぱも。

実は僕は進化の途中なんだぱも。
最初はみんなもよく知っている「カーガミーモチー」の
人達と同じような感じだったぱも。

でも、オトナの事情「可愛くない」という
致命的な理由から、現在進行形で進化中ぱも。







進化したから、こんな風にリモコンも食えるぱも。







雑誌だって食べちゃうぱも。
ちなみに小橋建太選手の手に噛みついているイメージぱも。
剛腕ラリアット喰らってる高山選手は奥まで飲み込まれているぱも。







もちろん手に噛みつくのもお手の物ぱも。

ちなみに、この角度だと
「なんか新種のイキモノっぽい…魚類とか海棲ほ乳類」
という、微妙なコメントをもらったこともあるぱも。
あながち間違っていないぱも。

とまぁ、そんな感じで、近々お仲間達と合流する事も
あると思いますぱも。一つよろしくお願いしますぱも。







というわけで一休み一休み。一服一服ぱも。

それでは皆さん、バイバイぱも。
2004年06月03日-23:33
『白昼のアレライダー。』
先日は好天夏日でした。そして風が強かったです。


あれッスよ先輩。自分、女子高生とかー、別にあんまり好きじゃないんスよ。だってーアイツらって、なんか色々アレじゃないっすかー。うるさいッスしー。

そんだから、自分、あんま好きじゃないんスよ。え? 自分ッスか?そうッスねー。自分ー、結構AVとか観ないんスけど。あ、マジっスよ。ホントッス。激烈にマジっスよ。

あ、ませんッス。そんでー、自分、AVとかだと、人妻モノっつーんスか? あれ結構好きなんスよー。おっぱいおっきい素人人妻モノっつーんスか? あれとかもう最高ッスよね。

え? あれ本当は素人じゃないんスか? え? 歳行ったAV女優さんとか、風俗あがりのベテランさんとか使ってるんスか! マジっスか! マジっスか!! 先輩それマジなんスか?! うわー…自分、ちとショックみたいッス…。


あ、違うんスよ。そうじゃないんス。そんでー自分、こないだバイク乗って出かけてたんスよ。超寿司喰いたくってー。そしたらーなんか超風強いんスよ。結構向かい風でー。まぁ暑かったんで、気持ちよかったんスけどねー。

でー、したっけ歩道の方を学校帰りのチャリンコが超走ってたんスよー。でー、バイクじゃないッスか。もうガンガン抜かしてやってたんスけどー。なんか女子高生とかもいたんスよー。

でー、そいつらもガンガン抜かしてたんスけどー。なんかー超あつかったからかしんないんすけどー。みんなアレなんスよ、シャツのボタンとかー。え? あ、女子のはブラウスっつーんスか! 先輩さすがっスねー。

あ、そんでー。そのブラウスっつーんすか。なんかもうボタンガンガンに開けてんスよ。そんでースカートとかも超短くってー。風強くってー。なんかもうスゴイんスよー。いやマジなんスよー。


もう、なんつーんスか? 透けてるし、まくれあがってるし、まきあがってるし、開いてるしで、もう、全身チラリズムっつーんスか? そんな感じだったんスよー。オマケに暑いから、気だるげな表情っつーんスか? そんな感じですしー。

ちょっと自分、そんなんで、アレしちゃいましてー…。自分、さっきも云いましたけど、女子高生とか、あんま好きじゃないんスけどー。アレはやっぱこう、アレだなぁって思うんスよねー。


え? アレじゃわからんって? いやー先輩、そこは察して下さいってとこッスよー。云えないッスよー。いやーマジ勘弁して下さいッス。申し訳ないッス! 云えないッス! 失礼しまッス!





「白昼堂々、危うく小太刀の刃が
研ぎ澄まされそうになった」なんて
口が裂けてもいえないッスよ。

(しかもバイクに乗ったまま…アレか、たまってんのか?…[YES] or yes)
2004年06月06日-01:54
『土曜の夜の黒天使。』
全開バリバリです。

今日も関東は「このまま夏に入っちゃうんじゃないか」というような暑さでしたが、皆さんいかがお過ごしでしたでしょうか。僕は一日中ビールかっ喰らったりしておりましたですよ。

というのも、本当は今日はビヤガーデンに行きたかったのですが、食材の買い出しにいったら、愛すべきエビスビールが安売りしている。黒エビスもある。そして鮮魚コーナーには美味そうな鰯も。

コレを見ちゃったらもうダメです。頭の中は鰯のタタキ&なめろうに、黒エビスとエビスのハーフアンドハーフで一杯です。店員さんをつかまえて鰯は三枚におろしてもらい、分葱も購入。エビスは黒とあわせてダースで買い込みます。もちろん男らしく500ml缶。


で、帰宅するやあっとスライスで、氷を粉砕し、缶飲料急冷機に敷き詰め、ウインウイン回して4本ほど冷やしつつ、鰯は皮を剥いでタタキにして、分葱を刻みます。加えてショウガを少々おろして、グラスを用意し、準備完了です。

いざ! と意気込みつつ、まずはタタキを一口。美味い。鰯最高。刺身万歳。そして激冷えになった黒エビスとエビスをハーフ&ハーフでグラスに注ぎ、一気に飲み干します。……もう、言葉にならない美味さ。

ちなみに、この時点で時刻は午後4時。お天道様が、まだカンカン照りに照っています。「日が延びたとはいえ、陽が高い内から呑むビールは最高だねぇ」などと悦に入りながら、今度は、タタキに味噌と煎り胡麻と七味。そしてほんの少しの梅肉を混ぜた、オリジナルのなめろうをひとつまみ。そしてまたビールをぐいっ。

部屋にはは真昼に比べれば些か黄色くなれども、未だだ強い陽差しが射し込み、全開にした窓からは、やや南寄りの風が時折吹き込んで、慎ましやかな涼を運びます。ああもう、幸せここに極まれりという勢いです。


賞味2リットルほどビールを空けたところで、つまみも尽きてきたので、簡単に後かたづけをしつつ、ラーメンズのライブビデオを見ながらソファにごろりと横になりました。

文字通り、たらふく飲み食いしたので、既にズボンのチャックは全開です。そして窓も全開。空きっ腹に流し込んだせいで、酔いもいい感じに急速に廻っており、そっちも全開です。総合すると、最早ダメ人間っぷり全開バリバリ。

そんな何もかもが全開気味な幸せムードの中、やがて眠気も全開になり、あっさり沈没。肌寒さに気がついて起きれば、陽はすっかり沈んで、外は宵の闇。

全開にしてあった窓からは、涼どころか冷たい風が吹き込んできており、全開にしてあったチャックのせいで、Tシャツの胸下まで全開になっており、全開むきだしの腹を、その風が容赦なく撫でていました。しかも数時間に渡って。

そして、それからしばらく後、当たり前のようにやってきた腹痛に、トイレに隠りっきりな僕がいたりします。もう、トイレの滞在時間が長いので、書棚からマンガを引っ張り出して、トイレにいく度に一巻ずつ読んで、全巻読破する勢いですよ。


ささやかな週末午後の幸せの代償を、こんな形で払うなんて、我ながら悔しいというかバカというか、チャック閉めてから寝ろよというか、便座に座るたびに後悔全開です。

おりしも、窓の外からは近所の国道を“土曜集会”の皆様が、軽快なバリバリ音を奏でつつ“狂乱麗舞(きょうらんれいぶ)”しているわけなんですが、僕は“単独(ヒトリ)”で、トイレに“特攻(ブッコミ)”かけていたりするわけでして……。



なんつーか、コッチは腹が全壊で
*が全開ブリバリって感じです。

(そうこうする間に、また便意が……こんな下痢したトキねーよ!
※なに読んでるか一発でわかるやね※
2004年06月08日-02:38
『カクテル。』
池袋は素敵な街です。

渋谷とかは滅びるといいと思う。新宿にもあんまり好い思い出はない。原宿、青山、代々木、赤坂、六本木、三宿、そのあたりのオシャレタウンは全崩壊していいと思う。行かないし。僕は池袋さえありゃあいいのだ。あ、中目黒は残しておいて下さい。


というわけで池袋なんですが、うらぶれまくりな北口方向に、馴染みのバーがあります。

馴染みというほど通っているわけではないのですが、デブの特権とでもいいますか、喩え片手で数えられるほどの回数でも、通えば覚えてもらえるんですよね。さばく人数の多い飲食店では、まぁ「顔を覚えてもらえているお店」=馴染みという感じで考えているというわけなのですが。


で、このお店なんですが三十代半ばくらいのバーテンダーさんがいるだけの、カウンターとソファ席がちょっとあるだけの、本当に小さなバーなんです。

特徴といえば、ソフトダーツ(矢に針がなく、的に穴が空いていて、そこにプラスチック製の針がささる仕組み)のマシンが2台あるだけ。

でも、下手に客に馴れ馴れしくせず、涼しげな接客態度で美味しいカクテルを作ってくれる、素敵なバーテンダーさんなのですよ。

それにバーというのは、根本的にこの店のようにあるべきだとは思うのですが、近年流行の若いバーテンダーが馴れ馴れしく突然タメ口で「クイズ100人にききました」の関口宏のように肘をついてダベりながら接客したり、タバコをふかしたりするような店は、僕はゴメンなんですよ。で、この店のバーテンダーさんは、そんなことはない、と。

そしてなによりも僕好みのウホッ!! いい男なのです。シェイカーを振る時の仕草もカッコイイですし、特に腰の動きがトゥーセクサァイなんですよっ!!

…こほん、少々興奮しまてしまいました。まぁあまり味にバーテンダーさんのカッコヨサというのは関係ないかもしんないですけど、それでもやっぱりそういうのも含めてイイお店なんですよね。


というわけで、この店&そして特に、このバーテンダーさんが、お気に入りなのですが、実は本腰を入れてカクテルを飲み始めたのって、ここ数年だったりするんです。

酒といえば日本酒とビールと焼酎で、洋酒のアルコールというものを全く受け付けない身体だったのが、変わってきたのかもしれません。

それと「食中に飲めない酒なんかは問題外だ」とかトンガっていたカドがとれたのかもしれませんね。「そういう歳になった」というのもあるのでしょう。


ある程度のカクテルは種類も知っていましたし、これまでも呑んできたのですが、簡単な解説の書いてあるメニューを見ながらオーダーして呑むのが楽しく、いくつかお気に入りのカクテルも出来ました。

またそれだけでは飽きたらず、自分の好きなカクテルが、どんな材料で出来ているのかを知りたくて、また他にどのようなカクテルがあるのかを知りたくて、カクテルカタログのような本を購入するまでになりました。

そして読んでは「ひょー!」とか「あおー!」とか「ぬほーい!」などの奇声を上げながら、「美味しそーう!」という感情を表したりしています。


それはそうと、件のバーテンダーさんは、シェイカーを振る時に腰がセクシーに動くわけなんですが、その様がまたカッコイイんですよ。そりゃあもうぬれぬれなくらいにです。あ、ドコがとかナニがとかは聞かないようにね。だめですいやです。だめです聞いちゃヤです。(ちょうキショイ)

ちなみにこの本には、カクテルの材料だけではなく、ステア(混ぜること)の方法や、使う氷の種類、シェイクの方法についても結構細かく書いてあって、特に速度・回数・強度などの指示が「なるべく激しく」とか「強く」とか「優しく丁寧に」とか書いてあるんですよ。

全体的に、材料を揃えて頑張れば自分でも作れそうと思わせてくれる本なのですが。まぁカクテルは作ってもらうからこそ美味しいわけでして「これ呑みたいなぁ」というカクテルを選ぶ時は、例のバーテンダーさんを想定しています。しかも選ぶカクテルは何故かハードシェイクのものばかり。

つまり頭の中ではバーテンダーさんのハードシェイクにあわせて、彼の腰も(中略)です。もうそれだけで僕は濡(以下数行検閲削除)で、夜用スー(以下数行検閲削除)足りない。全然足りない。もう何枚パンツ履き替えれば好いんですか。



次はいつ行こうかなぁ。
(これだけの情報で、この店がわかる人っています?)
2004年06月09日-11:35
『カケコミ。』
禁を犯します。

僕は、ほぼ毎日更新でここの記事を更新しているわけですが、俗に言う「テキストサイト」であったり「日記サイト」とされているサイトの記事の内容として

・巨人軍の悪口(というか野球の話題)
・特定の宗教についての話題
・昨日みた夢の話


は、禁忌とされているといわれています。

まぁ野球にはそもそも興味がないですし、宗教については僕自身や家族や親しい友人を熱心に勧誘したり強制したり、選挙の前に電話してきたりしなけりゃ、どうでもいいです。つまり話題にする事はないというわけですね。

で、「禁を犯す」ということで何を話すかといえば、残りの「昨日みた夢の話」なんですけどね。


僕は今、ライターとしてお仕事をしているわけなのですが、校了間際になりますと、睡眠時間が不安定というのを通り越して寝ているのか起きているのかわからなくなるという生活になります。

そして自分が依頼を受けた原稿をアップしてしまえば、基本的には平和が訪れるわけなのですが、ときどきレギュラーで書いている雑誌さんなどから、緊急の原稿を頼まれることがあります。

書けば書いただけゴハンの種になるわけですから、勿論引き受けるわけなんですが、しっかり〆切を管理してスケジュールを組まないと、大変なことになったりします。


さて、先日の事です。自分のパートの原稿をアップして、ようやく温い泥濘のような睡眠に入ろうとしているときに、ケータイがなりました。

相手はレギュラーで書かせていただいている雑誌の編集さんでして、カケコミの原稿依頼でした。

〆切までは2日3日しかありませんが、なんとかなりそうな内容なので、勿論引き受けさせていただきまして、とりあえず詳細をメールで送ってもらうことにして就寝したわけです。


そして僕は夢を見ました。夢の中で、僕は大学生で、論文を書いていました。書いても書いても終わらない論文なのですが、〆切はすぐ近くです。

そんなテンパっている僕のPHS(大学時代はPHS全盛だったのですよ)に、友人から電話がかかってきました。

同じゼミの友人のはずだったのですが、声は何故か別誌の編集さんです。そしてカケコミ原稿を依頼されました。

論文の〆切も迫っているのですが、引き受けなければいけないという強迫観念が何故かあって、普通に引き受けました。そして僕は半泣きになりながら原稿を書き続け…目が覚めました。

妙にハッキリした夢で、その上〆切間際の緊張感というか、追い詰められ感がリアルで、随分と寝汗をかいていたのですが、なんとか起きあがってPCを起動しました。寝る前に引き受けた原稿の詳細をチェックする為です。

メールソフトを起動して受信。数十通のウイルス報告メールや私信、サイトへのメールなどのフォルダの未読件数が増えていいく中、仕事用メールの振り分けフォルダにも新着未読がカウントされています。


しっかり詳細が届いたな、とフォルダを開いてみると、何故か別誌の編集さんからもメールが。挙動不審になりながら読んでみると、第一行目から

「お忙しいところ大変だと思いますが、急ぎでお願いします」

原稿依頼です。表を歩いていたら通報級の挙動不審になりながら、慌ててケータイの着信を調べてみると、寝ていたはずの時間帯通話記録が。


もう、当たり前のようにお気づきの事かと思いますが、夢かと思ったら、現実だったようです一気に目が覚めました。

いや、どんな状況でも、やれる仕事は受けるというのは当たり前の事なのですが、よりによって〆切日がバッティング。さらに連載の方の〆切も重なっています。

誰に呪詛を吐くわけにもいかず、現在一つ一つの仕事を片づけているワケなのですが、当然のことそれぞれの記事内容は違いますし、ジャンルもバラバラ。

色々な文章が書ける(書く)というのは、当たり前の事なのですが、スイッチングが難しいところです。

で、今日明日明後日あたりの三日間の僕を具体的に表すと、オールドゲームについて懐古的に語る国語の先生をしながら夏を一緒に過ごす口説き文句をならべてIT関係の求人を呼びかけるプロレス愛好者といった感じです。なんていうかもう滅茶苦茶。

でもこんなの少ないほうなんだろうなぁ、とか思っていたらライター以外の仕事の納期の連絡も色々あったりして、さらにちょっとしたパニックに。


もしも素直になれたら
あなたの腕の中であまえていたい
そしてもしも今度生まれてこれるとしたら
大きな夢なんか見ない

「強いんだね」なんて言われた日の
せつない笑顔分かってよ

夢見た頃の気持ちを 決して忘れないように
いつもいつもあの日の私が励ますの
泣き顔なんて誰にも見せられない性格で
そんな夜は一人で星をながめてる


椎名へきる『せつない笑顔』
(作詞・作曲:大城光恵/編曲:本田昌生/コーラスアレンジ:川村康一)



星なんかながめてる暇あるかー!!
(そもそも雨でみえやしませんが)
2004年06月10日-15:52
『君の名は。 ってタイトル前にもやったな。』

ボクの名前が決まったぱも。

海棲ほ乳類っぽいので「くじら」
まくらとして使って欲しいので「まくら」

ぱんだなので語尾が「ぱも」


そういう安易なモノを総合して…

ボクの名前は…


『ぱもら』


になったぱも。



皆さんこれからも、よろしくぱも。






しかし安易過ぎるっぽいぱも…。
(ちなみに相方の茶色ぱんだは『ねげら』の予定…安易…)
2004年06月11日-14:08
『仮面の告白。』
・愛の若草物語
・きまぐれオレンジ☆ロード
・赤い光弾ジリオン
・ミスター味っ子
・アニメ三銃士
・トップを狙え!
・王立宇宙軍オネアミスの翼
・AKIRA
・闘将!拉麺男
・シティーハンター2
・超音戦士ボーグマン
・魔神英雄伝ワタル
・美味しんぼ
・F−エフ
・吸血姫美夕
・アイドル天使ようこそようこ
・NG騎士ラムネ&40
・魔法のエンジェルスイートミント
・ふしぎの海のナディア
・機甲警察メタルジャック
・絶対無敵ライジンオー
・魔法のプリンセスミンキーモモ(2作目)
・ゲンジ通信あげだま
・サイレントメビウス
・NG騎士ラムネ&40EX
・究極超人あ〜る
・ママは小学4年生
・花の魔法使いマリーベル
・伝説の勇者ダ・ガーン
・宇宙の騎士テッカマンブレード
・美少女戦士セーラームーン
・超電動ロボ 鉄人28号FX
・元気爆発ガンバルガー
・ヤダモン
・姫ちゃんのリボン
・ツヨシしっかりしなさい
・風の中の少女 金髪のジェニー
・幽☆遊☆白書
・若草物語ナンとジョー先生
・勇者特急マイトガイン
・美少女戦士セーラームーンR
・熱血最強ゴウザウラー
・ゴーストスイーパー美神
・無責任艦長タイラー
・ママレード・ボーイ
・マクロスプラス
・スレイヤーズ
・爆れつハンター
・天地無用!
・新世紀エヴァンゲリオン
・アイドル防衛隊ハミングバード
・機動戦士Vガンダム
・天地無用!
・新機動戦記ガンダムウィング
・新世紀エヴァンゲリオン劇場版



僕のかつての地雷です。ええ、地雷ですよ。地雷ですとも。

意識して「アニメ」を見始めて以降の、気合いの入ったラインナップです。オタクという存在に憧れて、ハマりこんでみようかと思ったあの頃。

バックパックにパステルカラーの靴ひもを結びつけて、その先にベルを吊していた、あの頃。

声優さんのラジオは欠かさず聞き、番組のラジオドラマ収録CDは確実に購入。気に入った作品のカセット文庫は必ず購入。アニメ・ラジオ・カセット文庫・CD・ゲームとメディアミックスすれば驚喜し、ラジオのイベントや公開録音の申し込みハガキはばしばし出していた、あの頃。

のみならず、声優アイドルのCDを購入し、イベントに参戦し、ライブに駆けつけ、小さなライブ会場から、日本武道館開催にいたるまでを追いかけた、あの頃。

カラオケのレパートリーはアニソン&ゲーソンばかりで、「そうではない」友人知人達とカラオケに行った時の為に用意しておくレパートリーを「民間人用」と呼んでいた、あの頃。

――そして全てに燃え尽き、飽きた、あの頃。


調べモノの最中にこんなページを見つけなければ、こんな痛々しい告白をすることもなかったろうに……。



インターネットって怖い。
※ 「ゲンジ通信あげだま」って…見つけた時に爆笑したよ… ※
※ 懐かし過ぎ…サントラCDと企画モノCD持ってる… ※